ライバルチェックはやめてみる!ブログが書けない時おすすめの対策は

こんにちは、やよひです。

ここしばらく記事が書けなくて困っていました。

資産となるブログを立ち上げてからこつこつ頑張ってきたことをこの情報ブログにまとめているのですが、最近何を書いたらいいのかわからなくなってしまいました。

 

実は原因はわかっているのです。

ちょっと書きにくいところを他の人のブログをみて調べていたら、皆さん素晴らしい記事ばかりで自信をなくしてしまったのです。

 

あーしょうもない!

 

初めから才能も自信もないんだから、そんなことで悩んでいる暇があったら記事の一つでも書けよ!と自分でもわかっているのですが、わかっていてもできないものはできない、それが人間というもの。

 

人の気持ちってちょっとしたことで下がったり、かと思えば些細なことで上がったり、、、

いつも同じペースで淡々とできるのが理想なんですが、なかなかそうはいきません。

 

ネットビジネスって孤独な作業がつづきます。成果が出るまでコツコツと努力し続けなければなりません。

私も今まで何度も書けない、私なんて‥‥な状況に陥りました。

 

そんな時どうやってそこを抜け出したらいいのか、私の経験からお話したいと思います。

 

書けない時のパターン

書ける時は書きたいことが沢山あって、今書いてる最中にもあれも書きたいこれも伝えたい、と次々に書きたいことが浮かんできます。

 

それを大まかなタイトルだけ決めておき、できれば簡単に書きたい内容をメモしておくと、後からみてすぐに取り掛かることができます。

 

でも書けない時って書くことがないわけではないのですが集中できません。ちょっと書き出してはこれじゃない、なんか違う。それでまた別のタイトルで書き始めて、しばらくするとなんか違う気がする。

 

そんな風にあっち行ったりこっち来たり、ウロウロして書きかけの文章ばかりがたまってちっとも進みません。

 

何か書こう、書かなきゃいけない、と思うほどにますます書けなくなってしまいます。

 

それでそんなモヤモヤから抜け出そうと、他の方はどんなこと書いているんだろう、ネタはもちろん、構成とか文の流れとか参考にしようと思って、他の方のブログを見たりします。

 

そうやって何個か他の方の記事を読んでいるうちに、最初はなるほどこうやってるんだ、こんな風にしようといいところをまねしようと思っているのですが、次第にお腹いっぱいになってきて、あげくこんな素晴らしい記事は書けそうにない、わたしが書かなくてももういいじゃない

そんな風に思い始めてしまうのです。

 

トップに並ぶ記事と比べてはいけない

トップに上がっている記事を見てみると…

  • パッと目を引く
  • 見やすい
  • わかりやすい
  • 楽しい
  • もっと次を読みたくなる

 

ということでライバルチェックどころか真剣にひきこまれて次から次へと読んでしまいます。そしてどうなるかというと、、、

 

自分のブログと比べて落ち込みます。

 

  • あーなんて凄いんだろ
  • なんてわかりやすいんだろ
  • こんなステキな記事がもうあるのに私の記事なんて必要ない
  • これを見ればいいじゃない
  • こんな記事が書けるような気がしない

記事を書くために調べていたはずがどんどん書けなくなっていきます。

 

でもちょっと待って、

考えても見てください。

検索してでてくる記事やブログというは、あまたある記事の中でもとびきり優れたものなのです。

 

アフィリエイターが何十万、何百万人いるのか知りませんが、とにかくたくさんのアフィリエイターが読んでもらおうと記事を書いています。

 

そんな中でどの分野でもトップページに上がってくるということは、スポーツの大会で言えば大きな大会でメダルをとったりベスト8に入るってことです。

 

ルールを覚えて地方大会で勝ったり負けたりしているような人間が、勉強しようとテレビをつけて錦織選手や伊達選手を見て自信をなくすようなものなのです!

 

スポーツなら日々自分の練習に戻れば仲間がいて先生がいて、あの人たちがどれだけ特別かが客観的に理解できます。

 

でもネットビジネスは一人。

一人でパソコンと向き合い記事を書き、悩み、そんな中で素晴らしい方の記事を見続けた場合どうなるか?

 

み、ん、な!

みんなが素晴らしい記事を書いているような気になるのです。自分以外の人はみんな素晴らしくて、自分だけができていないような気になります。

 

あらあら、子どもの言い訳みたいですね。

みんながやってるから、みんなが持ってるから、、、

みんなって誰?って話なんですけど、

 

自分にないものを他の人が持っていると、そして一人じゃなくてそんな人を2、3人知ってしまうと、

もう自分以外の人はみんな持っているような気分になってしまうんですね。

 

記事も同じです。

私はこんなに悩んでいるのに

みんなすらすら書けてる

みんな素晴らしい文がかけてる

みんなステキなブログを作ってる

みんな、みんな、みんな、、、

 

でも何度も言いますが、見ているのは最上クラスの一流選手の記事です。

そしてそんな人の記事を10個も見続けたらもうガックリきちゃうんですけど、

その下には、何百、何千、何万、、、とたくさんの記事があるわけです。

 

だからそんなほんのごく一部のすごい人たちと比べることが間違っているのです。

 

自分が記事を書く意味

記事を書くときに大事なことはキーワードライティングなどのスキルの他にリサーチ(ライバルチェック)と言われます。

 

他の人がどんな記事を書いているか、何を取り上げているか、どんな見出しをつけているか、キーワードは?

 

自分が今から書こうとしている内容で、上位に来ている記事を調べてそれ以上の記事を書けば、やがてその上に行けるというわけです。

 

ですからライバルチェックはよい記事を書き上位表示されるためには欠かせないものです。

 

ですが見れば見るほど、そこではたと考え込んでしまいます。

 

こんなに素晴らしくてわかりやすいよくできた記事がいくつもあるのに、私が書く意味があるのだろうか?

 

例えば私はパソコンが苦手です。なのでブログを立ち上げるためのワードプレスの設定や手続きに関する諸々は未だによくわかっていなくて、もう一度やれと言われたらまた1から詳しい人の説明を見ながらになります。

 

私はこのブログで初心者さんがブログをつくるお手伝いをしたいと思っています。だからこんなにパソコンがわからなかった私がここまでできるようになった方法を出来るだけ丁寧にわかりやすく書きたいのです。

 

でも自分じゃわからないから誰かの記事を見ながら書くことになります。

 

それなら私の記事はいらないじゃないですか。わたしが参考にさせていただいたわかりやすいサイトをご紹介すればいいじゃないか、と思ってしまいます。

そんな素晴らしい記事やサイトは沢山あってこれ以上にわかりやすくかける気がしないのです。

 

それでも記事を書きたい、誰かの役に立つ記事を書いてお仕事にしたい

そう思うならいったい何を書けばいいのでしょうか?

 

私が書く意味って何?

 

今の自分を必要としている人のために

お金のためだけに記事を書くことってできるのでしょうか?

 

例えばライバルチェックをして、上位に並ぶ方の記事をコピペして真似をして、

 

本当は全然知らないことや思っていないことを書いて、そんな記事が上位に上がったり、そんな記事から物が売れたりするのでしょうか。

 

そういう人も結構いるということは聞きますが、実際にそんなやり方でお金を稼げているのでしょうか?

 

検索して上位に出てくる記事を見るとどれもきちんと書かれた立派な記事ばかりです。この世界で仕事を続けていこうと思ったらコツコツ努力を続けるしかないんだと、トップに並ぶ記事を見てもわかります。

 

読んでいて真似をしたい、勉強になると感じる記事はどれも、自分が経験して努力して身につけられたその方ならではの知識や気づきがいっぱい詰まっています。

 

そこに自分も惹かれるしかなわないと思うのです。多くの記事がそうやってこつこつ努力を積み重ねた結果生み出された素晴らしいものです。

 

だからどんなにすばらしくてもその方の記事はその方しか書けないし、他人がそれを真似しても本当にお客さんのことを思った記事にはならないです。

 

それなら私が書くべき記事は何だろうかといえば、これもまったく同じで、私が経験して努力して身に着けたことや感じたこと考えたこと、それしかないのです。

 

私はこの仕事を始めて2年以上たちました。

本人はいつまでたってもまだまだ自信がなくて初心者のつもりでいますが、全くの初心者から見たらきっとすごい先を行く人なのです。立派なアフィリエイターなのです。

 

100pvしかなくて悩んでいた2年前の私になら教えてあげたいことがいっぱいです。

そんなかつての私のような方のために自分の言葉で記事を書いていけばいいんです。

 

富士山の頂上に立ったことのある方はてっぺんまでの道を教えてくれます。

でも5合目や6合目にある岩やぬかるみにはもう気づかないでしょう。今どんな花が咲いているかも気づきません。

 

でもちょっと前にそこを通ったものはリアルにそれを伝えられます。あそこはこうやって迂回するといいよと伝えられます。

 

その小さなぬかるみを超えられなくて、もしかしたら山に登ることを諦めてしまうかもしれない人を助けられます。

 

私にできることってそういうことなんだなと、最近また何度目かの腑に落ちました。

何度も何度も先生方に言われているのです。

ありのままを正直に、少し先の先輩として伝えればいいんだよと

 

山のてっぺんの景色を伝える人も必要、途中の景色を伝える人も必要、足元の景色を伝える人も必要

どれも必要で、きっとどの景色もどの情報も知りたい人がいます。

本当に自分の足で歩いてそんな情報をきちんとお伝えしていこうと思います。

ライバルチェックをやめてみる

ライバルチェックは大事です。

素晴らしいと圧倒されることもあれば、もっとこうした方がいいなという気づきも生まれます。

ですから書きたい内容やキーワードが決まったらまずはライバルチェックをして、何をどう書くかを整理してから書き始めるのが理想です。

 

でも初心者や、中級者でも迷っているときは、ライバルチェックはしないほうがいいんじゃないか、、、と私は思います。

 

ここまで散々書いてきたように、素晴らしい記事を見すぎて自信を無くしかねません。

 

もし見るならある程度書いて編集する段階や、ここを詳しく調べたいとか、目的がはっきりあって自分が振り回されない自信があるときにだけのぞいてみるのがいいんじゃないでしょうか。

 

もちろんそんな初心者を卒業したらしっかりライバルチェックもして下さいね。

 

自信がなくてこれでいいのかなといつも不安な人はますます自信を無くさないように、スパっと見ないと決めるのもありかな、と思います。

 

答えは自分の中に探そう

迷ったとき、書けないとき、ライバルチェックをするというのは外にアイデアや答えを求めています。

自分の中に見つからず、正しい答えやよいものを求めて放浪しているのです。

 

そしてさまよった結果よさそうなものを寄せ集めても、なんだか何を言っているのかわからないまとまりのない記事になりがちです。(経験上)

 

うまくいけばきっかけはつかめるかもしれません。でも本当に自分が書きたいことは自分の中にしかないのです

 

書きたいことは外に探しに行くのではなく自分の中にきっとあります。

 

書けない時におススメの方法

迷ったとき,書けないとき、私はかつて聞いたセミナーや送ってもらった音声をガンガン聞くようにしています。音のシャワーを浴び続けます。

 

何度も何度も聞いているとその言葉が今までやってきた経験に重なり体に染み込みます

 

そして気づきとなり自然と自分の言葉となって出てきます。物を眺めるとき、考えるときもそういう考え方になります。

 

書いたものを見てしまうとどうしてもそちらに引きずられます。素晴らしければ素晴らしいほど真似したくなります。

 

でも音声ならそれをまとめるために自分の頭で考えないとなりません。まとめながらいろんなことを考えて自分の経験を思い出し、やがてそれは自分の言葉、自分の考えとなっていきます。

 

ちょっと遠回りかもしれませんが、そうやってゆっくり身につきそこから出てきた自分の言葉こそが真実で誰かの役に立つ言葉だと思っています。

 

私は普段から音声をよく聞きていたのですが、そういえばここしばらく聞いていなかったのです!

最近迷いがでてきたのもそのせいかもしれません。

 

まとめ

・ライバルチェックで他の人の記事を研究しすぎると書けなくなる

・検索して出てくる記事はオリンピック級にうまい記事ばかり

・形だけ真似をしても伝わらない

・今の自分をありのまま素直に伝える

・ありのままのあなたの言葉を聞きたい人が必ずいる

・ライバルチェック初心者はしないのもあり

・迷ったら答えは自分の中に探そう

・オススメの方法はお気に入りの音声をたくさん聞いて自分のものにすること

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る