アフィリエイトも目標達成も最後に勝つのはこんな人

こんにちは、やよひです。

先日娘の学校の先生のお話を書きましたがまだ続きがあるんです。

先生のお話は不慣れなビジネスに挑戦しているわたしの心に染みて、うんうんと納得することばかりです。

先生は高校受験のお話をしているんですが、目標を達成するためには、、、というのはどの世界でも同じですね。

そして受験の心配をする娘にいろいろと教えてくださった後に、でも最後に勝つのは…と教えてくださった言葉がまたいいのです。

これもネットビジネスに通ずることです。

さて、最後に勝つのはなんだと思いますか?

 

目標達成の方法

今更かもしれませんが目標を達成するための勉強の進め方の基本をご紹介しますと、

 

・最終目標、一年後の目標など大きな目標をはっきり意識する。(ex.志望校合格)

・そのためには何が必要か足りないか現状を知る。(ex.過去問をあたり現在の実力を知る)

・いつまでに何をすべきか計画を立てる。(ex.必要な問題集を揃えてやる時期や分量を決める)

・決めたことを毎日実行

 

こうやって書くとなんてことない普通のやり方に見えますが、でも実際これができている人は少ないです。

 

まずは目標をはっきり具体的に決めていません。

将来どうなりたいの?という質問に幸せになりたい!じゃどうしていいのかわかりません。

 

具体的にどうなったら幸せなのか、そのためには何をすればいいのか?

それが決まらないと具体的な計画も立てられません。

 

さらに現状はどうなのか?ギャップはどれくらいか?その差をどう埋めるか?を真剣に考えないとなりません。

 

よく考えずにみんながしてるからと真似してみたり,やっぱりこっちの方がよさそうだと途中から浮気してみたり、

 

がんばっているようで実は方向違いだったりして意外にできていないことが多いです。

 

成功した人、目標を達成した人というのは目標達成までの道筋をよくわかっています。

 

私も人生で何度も試験を受けたりスポーツで上を目指したりしましたが、今にして思えばここをよくわかっていませんでした。

 

無我夢中の精神論でがむしゃらにやってきたような気がします。それだとある程度までは頑張りでいけますが、それ以上は絶対行かれません。

 

実際に行動する前の計画がとても大事だということをこの歳になり、ネットビジネスを始めて学びました。

 

娘の高校受験の場合

ここからは少し個人的な話にお付き合いください。

 

うちは九州の片田舎に住んでいまして、町の雰囲気も学校ものんびりしたものです。

 

それはよいことでもあるのですが不都合もあって、中学3年生になってもみんなものすごくおっとりしています。

 

都会とは違い学校数も少なく、近くの公立高校に行けばいいじゃないという雰囲気があります。だから町の学校に比べてやる気も学力も劣ります。

 

そんな中、関東から引っ越してきたというのもあるんでしょうか、娘は自分の実力よりずいぶん上の町の学校を望んでいます。

 

田舎のうちの学校から毎年そこへ行くのは1人か2人。トップになっていけるかどうかという学校です。

 

そしてそこを目指す子らは授業が終わると1時間電車に乗って町の塾へ通っているそうです。次々と電車のくる都会の1時間とは訳が違います。1時間に1本あるかないかの電車です。

 

でも、上を目指すなら町の塾の空気に触れた方がいいとこっそりアドバイスくれる先生もいるくらいこのあたりはのんきなんです。

 

そういう状況ですので娘は不安で仕方ありません。

学校で与えられた課題をしていて本当に受かるの?

このやり方でいいの?

 

娘も1時間かけて町の塾に行けばいいのかもしれませんが本人が望んでいませんし、それが本当に良いことなのか、、、

夜10時には寝る子なのできっと体がもちません。

 

それにうちは大学受験の息子と重なっているので、正直なところ娘に塾に行かれると厳しいという親の事情もあります。

 

そんな娘が家に来てくれた先生に不安な胸の内を語り、先生も親身にアドバイスをくださいました。

それが前回書いた記事です。

 

目標を定めて、60%の力で、コツコツ、努力を重ねること。

難しいといっても公立高校の入試ですからそんな難問奇問は出ません。

 

日々コツコツと地道な勉強を続けて、過去問を解き、ミスのないようにすれば大丈夫と教えてくださいました。

 

それでも心配な娘はさらに今まで受かった人がどんな勉強をしていたかと質問を重ねました。

 

そしてその答えが、、、

 

最後に勝つのは、、、

今まで受かった子たちはみんな、とてもよく他の子に勉強を教えていたというのです。

 

いくらおっとりしているとはいえさすがに2学期も半ばになるとみんな焦り始めます。今までおっとりしてやっていない分余計に焦るのかもしれません。

 

朝自習や休み時間、放課後など、できる子ができない子に教えてあげるというスタイルが自然とできあがってくるそうです。

 

学年トップの子にとって例えば割り算がおぼつかない子の質問なんて何の受験勉強にもならない気がします。

やんわり断ることだってできます。口を利かずに自分の勉強に没頭することもできるはずです。

 

でも今まで多くの子が嫌がらずに一生懸命教えてあげる姿を見てきたそうです。

 

そして先生はそれを「徳を積む」という言葉で表しました。

おかしなことを言うと思われるかもしれませんが、最後は徳を積んだかどうかのような気がします。

そんな風におっしゃいました。

、、、

徳を積む

、、、

全然おかしくないです。

私もそう思います。

相手を大事に思う気持ち

アフィリエイトを始める前、始めたころ、人にアフィリエイトをやっていますと言えませんでした。

 

よくわからないということもありますが、ブログで商品を宣伝して買ってもらうという行為が、人をだましているようで仕方なかったのです。

 

でもずっと勉強してきて、この仕事を続けてきて、決してそうではないことが分かりました。

 

それは自分の心のあり方次第です。

自分がやましいと思うのは自分のことしか考えていないからです。

 

どうしたら買ってもらえるか、どうしたら売れるか、それは買ってほしいというこちら側の事情です。お客さんには関係ありません。

 

お客さんの事情、気持ちを考えずに一方的に自分の買ってほしいばかりを考えている時、例え悪いことをしていなくてもやましい気持ちになります。

 

そして実際そんな傲慢な気持ち、やましい気持ちはお客さんに伝わって、商品なんて売れません。

 

相手が何を求めているんだろうか?何を欲しいのだろか?どうしたらお手伝いできるだろうか?と相手が幸せになるように役に立つものを提案するのが本当のビジネスです。

 

それができた時お客さんにも喜んでいただけて、自分も幸せになれてwin-winの関係が成り立ちます。

 

心から相手を思った気持ちはぐるっと回って自分に返ってくるのです。

 

それがわかればアフィリエイトってやましい仕事であるどころか、人を助けて自分も幸せになれるとても素敵なお仕事じゃないですか!

 

何回も記事を書き商品を紹介しながらそんなことを学んできました。

 

何が悪いのだろう、なんで売れないのだろう、なんで買ってくれないのだろう、、、と悩みながら無我夢中で記事を修正し続け、やがてお客さんが来てくれるようになって初めてそこがわかります。

ネットビジネスも人間味が大事

人見知りで、人が苦手で、わずらわしい人間関係がイヤ、、、

そんな理由からネットビジネスを始められる方多いです。ネットなら人と話さなくていいから、、、、

 

はい、確かにそうです。直接顔を見たり、話したりすることはありません。

でも顔を合わせない、言葉を交わさないというのと、相手のことを思わないのとは違います。

 

ネットの世界でもリアルな世界と同じに人は温かい人、優しい人、誠実な人、、、人間として素敵な人が好きだし、そんな人から買い物をしたいです。

 

人見知りでもいい、口下手でもいいです。

でも人を思う気持ち、大事にする気持ちはネットビジネスでも同じく必要です。これを持たない人はいくら上手くいくように見えても最後は崩れると思います。

みんなで幸せになろう

娘の先生のいう「徳」も人を思いやる気持ちです。自分だけの成功でなくみんなで幸せになろうというおおらかさ、心のゆとり、優しさ、、、人間としての魅力です。

 

最後に勝つのは徳、人間力、そういうものが備わった人なのでしょう。

 

自分の幸せだけを願った行動はそこ止まりです。かけ算で言えば1倍、やった分しか身につきません。

 

でも人の幸せを願ってした行動は自分の知らないところで膨らんで何倍にもなって帰ってくるんじゃないでしょうか。

 

この考えお気楽すぎますか?

 

実際そうやって他の子に勉強を教えていた子でも試験に失敗した子はいるそうです。

 

でもそうやって頑張った子は志望校に滑ったとしても、自分の今あるところでまた頑張って次を目指せるそうです。

 

相手を思う素敵な人はどこに行っても大事にされます。絶対見てくれている人がいます。

 

お気楽かもしれませんが、わたしは今そう信じています。

 

ネットビジネスでも受験でも目標に向かう時、達成したいが故に自分しか見えなくなりがちです。

 

でも本当の幸せは自分だけ成功して他の人は関係ないなんてありえません

 

たとえ目標が叶ってもその時ひとりぼっちじゃ幸せではないです。人に恨まれて幸せにはなれません。

 

受験でもビジネスでも自分の勉強を進めると同時に、ぜひぜひ徳を積んで素敵な人を目指してください。

 

 

こんな悩める娘なのですが、あるビジネス本との出会いでやる気を取り戻し行動を始めました。

14歳を変えたビジネス本とは、、、

詳しくはこちらをどうぞ

[blogcard url=”http://natsuhenotobira.net/1779.html “]

まとめ

・目標を達成するには何より計画が大事です

・しっかり計画を立ててそれをコツコツ実行しましょう

・努力をしてさらに、一番大事なのは「徳」を積むこと

・自分だけ幸せになるビジネスはありません

・お客さんが喜び自分も幸せのwin-winの関係を目指そう

・ひとり勝ちではなくみんなの幸せを目指した時、目標達成は近づきます。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る