新居から思う自分らしいということブログの色を出すということ

こんにちは、やよひです。

最近引っ越して以来、
家具やら照明やら配置やら
家のことばかりずっと考えています。
もちろん他のことも考えてますけど(笑)
頭の1/3くらいはずーっとそのことがしめています。

 

それはなぜかといえば
新居を落ち着く場所にしたいからです。

 

築十数年の中古ですが
大工さんが建てたしっかりした家です。
おまけに住んでた老夫婦は
しばらく住んだ後
子供さんのところに移られたので、
ほとんど中がよごれていません。
壁紙は白いまま、
おまけに床は張り替えました。
とってもきれいな家です。

 

でも落ち着きません。
自分の家じゃないようです。

 

ここにくる前に住んでた家は
古くてボロくて、
風呂場のタイルがぽろっと落ちてくるような貸家でした。
隙間風はピューピューでしたし、
戸もガタついてすんなり開きませんでした。
だからあちこちできる範囲で手直しし、
なんとか暮らしやすいようにして住んでいました。

 

でもそうやって手を加えた家には
とても愛着があって、
みんなで寒い家だねぇ〜ひどい家だね〜と
文句言いながらも
実はとても落ち着く家でした。

 

ただ新しければいいきれいならいいと
いうもんではないんですね。

そしてこれってたぶん家に限らないです。

人ってきれいかどうかだけで
絶対判断してませんよね。

 

そんなことを思いながらブログのことや
自分らしさについて考えてみました。


◆きれいじゃなくていい

きれいな家はもちろんいいですよね。
インテリア雑誌にのっているような家や
大きな家具やさんに作ってあるような
見本のお部屋なんてとっても素敵です。
ホテルの部屋もすっきりして快適です。

 

でもそこにずっと住んだらどうかというと
きっと落ち着かないですよ。
体は休めても心はゆったりとくつろげません。
どこにも自分の匂いがなくて、極端な話、
病院に入院しているのと変わらないような気がします。

 

人にもよるでしょうが
私は全然きれいじゃなくていい
新しくなくていい
それよりもくつろげる家がいいです。
どんな新築よりも高級ホテルよりも
自分の好きな自分らしい空間が
一番いいです。

 

もちろんこの場合のきれい汚いっていうのは
掃除をしてるしてないじゃないですよ
念のため

◆みんな同じはつまらない

みんな同じ形、同じ色だったら
つまらないじゃないですか。

買い物に行って全部同じ服だったら
買う気がしませんよね、

例えどんなステキなデザインだったとしてもです。
人それぞれ好みが違って、違う形があるから
世の中楽しいのです。

 

アパートの部屋は元はみんな同じ間取りです
でも住む人によってガラッと雰囲気が変わります。

同じ社宅に住む友人二人の家を
それぞれ訪ねたことがありますが、
これが同じ間取り?!って

信じられないくらい全く違ってました。
それぞれにはっきり好きのわかる
その人らしい空間になってました。

 

みんな自分の好きな空間にしたいし、
それはつまり落ち着きたいんです。

 

そしてそんな落ち着ける空間は、
はいどうぞと売ってはいなくて、
自分でつくっていくんですね。

 

みんな違ってみんないいっていう
フレーズがありますけど、
もっと積極的に
みんな違わないと困るんです。
つまらないんです。

 

古い家っていうのは年月を経て
傷があったりガタついたり、
それだけで新しい家とは違って
個性があります。

 

だからその個性が自分に合えば、
初めからなんだか落ち着いて
馴染みやすいです。
でも新しい家はまだ個性がなくて、
ホント味気ない。

 

古さは何月を経ないと
どうすることもできませんが、
せめて自分らしく
落ち着く部屋にするためにひとつずつ
自分らしい形、素材、雰囲気のものを
探したり作ったりしています。

 

◆自分色のブログこそ素敵

新居でそんなことをつらつら考えながら
ブログも家と同じだなと思うのです。

 

ブログを始めた頃、
もっと自分の色を出していいよ
自分らしく自分らしくと
そればかり言われました。

 

そして
自分らしさを出そうと一生懸命だったけど、
なかなか自分らしさがわからなくて悩みました。

人と比べてこんなんじゃない、
こんなんじゃダメだと落ち込みました。

 

でも先生からそれがいいんですよ
あなたらしさですよと言われて
当時はよくわからなかったのです。

 

自分色って古い家と同じで
初めから出るものではありません。
少しずつ書きながら、記事がたまっていき、
自然とそこに自分らしさが醸し出されます。

 

そして一度度現れ始めると今度は逆に
消そうにも消せないほどしっかりとその人の空気感を漂わせます。

 

どれがいい悪いじゃないのです。
どの人の空気感もその人のもので、
それがあるからそこに
同じ空気感を求める人が集まります。

 

だから当たり障りないただきれいなだけの
モデルルームのようなお部屋のブログでは
モデルルームの見学のような方しか来てくれません。
そして一度見たらもう2度は見なくていいんです。

 

私が好きだったボロボロの、でも愛着のある前の家のようなブログを目指せばいいんだなと思います。

 

私が好きだからボロボロでも
全然恥ずかしくなくて
みんなに来て来てって言ってました。

 

ブログもカッコつけずに、

でも自分が心から楽しんで落ち着いて、
居心地のいいブログなら
きっとたくさんの方が来てくつろいでくれるでしょう。

 

誰の真似をすることもありません
あなたの家だから。
ごちゃごちゃでも、凸ってても、凹んでてもあなたが楽しんで
カッコつけずにいられる場所なら、
それはとってもステキなブログです!
そして遅かれ早かれきっとお客さんは増えていきます。

 

さてさて、この白い壁のきれいなわが家が
私にとって最高に居心地のいい場所となりますように
これからも日々手を加え続けていこうと思います。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る