Youtubeチャンネル停止とその後◆寄りかかってはいけないのだ(その2)

こんにちは、やよひです。

今年の2月にこつこつ作りためてきたYouTubeチャンネルが突然消えてしまいました。

違法なことはしていなくて自分の手作り品や日常を撮ったものばかりなのでびっくりするやら悲しいやら、、、

前回はチャンネルが消えてしまうところまででした。今日はその後のことを書きます。

 

◆YouTube人気

中学生のなりたい職業の第3位にユーチューバーが入っているそうです。10年前、20年前には考えられなかった、というよりそんな存在もなかった職業ですけど、それくらい今ではYouTubeというのは身近なものになっています。

 

知りたいこと、面白いこと、興味あること、、、大概のことは検索するとYouTubeの動画ででてきます。

 

それは言い換えればそれだけたくさんの人が自分で動画を作ってアップロードしてるってことです。すごいですねー

 

かく言う私も50歳を過ぎてからYouTubeに参加し始めた一人です。機械オンチの私がやるくらいですからね、もうホントに気軽に誰でもできます。

 

でもどの世界もそうですけど、流行ればはやるほど変なものも増えてくるのです。それも含めてYouTubeを盛り上げていると言えばそうなのかもしれませんが、お金欲しさに人は違法または違法すれすれのところで知恵を絞るようなのです。

 


◆YouTubeとの知恵比べ

YouTubeでお金を稼ぎたい人は自分の動画をたくさんの人に見てもらって視聴回数を増やさねばなりません。

 

そのために一生懸命頑張って独自の素晴らしい動画を作ればいいんですが、とにかく楽して稼ぎたいと言う輩はズルをするんですね。

 

テレビや映画を映してそのまま流したり、誰かが作ったものをコピーしたり巧妙につなぎあわせたり、極端に煽るタイトルで客寄せして中身は無かったり、、、

 

YouTubeだってそれは望むところではありません。お客さんが求める動画をはい!と手渡して喜んでもらえる、そんな役に立つ媒体となりたいのです。

 

そのためにコミュニティーガイドラインで会社の姿勢を示し、それに違反する者はいないか常々目を光らせているのです。そして違反者は警告を受けたり、チャンネルを削除されたりします。

 

それでもどんな抜け道があるのか違法な動画は無くならず、YouTubeも大掛かりな削除祭りを行ったりといたちごっこが続いているようです。

 


◆削除祭りに巻き込まれる?

悪い動画が消えて良い動画が増え、YouTubeの質が高まるのは大歓迎です。けれど同時に巻き添えを食らう真面目な動画も多いのです。

 

私は今年の2月にいきなりチャンネルが消えちゃったんですけど、まさに同じ頃ちょっと話題になった事件がありました。

 

お笑いトリオの東京03が結成15周年を記念して作ったチャンネルが、コピーチャンネルと間違われていきなり削除されちゃったんです。

 

お笑いの方だけにそれネタですかー!って話なんですけど、至って真面目なお話。

 

コピーして東京03の動画をアップしている人が本物のチャンネルのことを削除依頼しそれが通ってしまったらしいのです!!!!!

 

➡︎  詳しくはこちらをどうぞ

 

名前の知られた有名人でもこんなことがあるくらいだから、もう吹けば飛ぶような私のチャンネルなんてね、、、

 

大義をなすためじゃ許されよ〜ってところですかね、って私にとっては心血を注いできたチャンネルで全然許されないんですけどね。

 

それで一生懸命物申しあげたんですけど、

のれんに腕押し

糠に釘

大海の一滴

象にアリ(私の造語です)

 

かなり参りました。

 


◆ユーチューバーをめざしているんじゃなかった

2月に消えた後2ヶ月ほど問い合わせをしたり、異議申し立てをしたり、、、その間怖いので新しい動画も作れず、、、

 

今まで張り切って動画を作ってきてなかなか調子よくいっていただけに、ポカンとなってしまったんです。

 

そんな時ずっとアドバイスをくれて応援してくれていた私の先生はるさんが、相変わらず淡々と涼やかな声でこうおっしゃったんです。

 

別にユーチューバー目指してるわけじゃないからいいですよ。

 

えっ!

、、、

あっ!

、、、

そうだった

 

動画をアップするのが楽しくて、再生数といいねが増えるのが、チャンネル登録が増えるのが嬉しくて、YouTubeに夢中になってました。

 

でも私はユーチューバーになりたかったんだっけ?

違う違う、YouTubeは手段です。

 

お金の心配なく好きなことをしながら誰かの役に立ちたい

 

そんな夢を叶えるための道具の一つです。

 

YouTubeが好きなことならそれを極めてもいいですが、YouTubeでお金の心配が無くなるほど稼ごうと思ったらそれはまた大変なことです。

 

ヒカキンやはじめしゃちょーくらい有名になれたら違うのでしょうが、普通の人がYouTube1本にかけるというのはとても危ないことなんです。

 

 ➡ 続きはこちらをどうぞ

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る