弱い人ほど〇〇が大事◆自分を力以上に引き上げてくれる大事なものとは

こんにちは、やよひです。

私は今アフィリエイトを先生について学んでいます。

そして同じ先生に学ぶ仲間が何人もいて、その方たちの頑張りが本当に励みになっています。

 

教材を選ぶ時、共に学ぶ仲間のことまで考えたわけではないのですが、素敵だなぁと思う方のすすめる教材を買ったら、結果的に自分に合う方がたくさん集まっていました。

 

自分が頑張るのは当たり前ですが、学ぶ環境って本当に大事だなぁと感じています。

今日はそんなお話です。


◆アフィリエイトは孤独な戦い

アフィリエイトをやってらっしゃる方ならお分かりでしょうが、アフィリエイトは孤独な作業です。そして常に自分との戦いです。

 

怠けたい自分との戦い

不安な自分との戦い

逃げたい自分との戦い

弱い自分との戦い

認めたくない自分との戦い

醜い自分との戦い

カッコつける自分との戦い

、、、

 

いくらでも出てきますけど、

アフィリエイトをはじめるとこれでもかと嫌になるくらい自分を見つめることをせまられます。

自分をごまかしたり嘘をついていてはブログなんてつづきません。人の心に届く文章なんて書けないです。

そしてすぐに成果の出ない中、不安や自己嫌悪や嫉妬などさまざまなネガティブ感情も渦巻いて、

うんざりしながらもそんな自分と向き合うしかなくて、

折れそうになる自分と日々戦いながら記事を書いています。

 


◆仲間の存在

そんな時

 

私だけじゃない

みんなが辛い

みんなが不安

あの人も頑張ってる

この人も頑張ってる

 

身近でそれを感じられると本当に力が湧いてきます。

私は先生や皆さんの集まる関東からは遠く離れているので実際にはお目にかかることもほとんどなく、個人的に話したことのある方も少ないです。

zoomコンサルでたまにご一緒したり、先生のお話で様子を知るだけなのですが、

それでも一緒に机を並べて学ぶ同級生のような気持ちがあります。

本音を言えばそんな美しい気持ちだけじゃありません。

いくら比べなくていいと言われても他人と自分を比べてしまうし、どんどん成果を上げて行く人を見ると羨ましいし、悔しいです。

 

でもだからこそ、頑張らねば!と思えもするのです。

だって机を並べて学んでいる仲間がどんどん夢を叶えていっているんですよ。私だってのんびりしてられない!と発奮するじゃないですか。

 


◆息子の高校選びに思う

ちょっと話が飛びますがうちの息子は現在高校2年生、もうすぐ3年生で大学受験目指して勉強しています。

息子は中1から中2にかけてしばらく不登校でして、そんなこともあって中学の成績はあまり良くなかったのです。

高校選びの時、2つの学校で迷いました。

1つは実力よりかなり上のレベルで、がんばって入れても中で大変だろうなというところ。大学に進学する子が多いです。

もう1つはぴったりのレベルで中でもゆったりできます。就職や専門学校へ進む子が多いところです。

うちは田舎なのでそんなに選択肢もなくて、上の2つが通いやすいところにある高校なのです。

どちらでも本人次第と思っていたら、大学への可能性を残したいということで難しい方を選びました。

そしてめでたくなんとか入学できたのですが、親としては多分落ちこぼれだろうなと思っていたわけです、ぎりぎり入ったので。

ところが入ってみたら真ん中くらいにいて、それなりについていっているようです。

思うに別の高校に入ったとしても、息子は真ん中くらいにいたんじゃないかと思うのです。

 


◆環境に左右される

よほど強い意志があれば別ですけれど、人は周りに影響されます。

周りの環境が良ければ良いなりに、悪ければ悪いなりにそれに影響を受けだんだんと染まります。そしてそれが当たり前と思うようになります。

 

息子は自分より頭のいい勉強のできる友達に囲まれて、真面目に学校へ行くことはもちろん、宿題をしたり大学を目指して勉強したりということを当然のことと思えるようになりました。

 

他の子にとっては当たり前のことでも不登校で勉強嫌いだった過去の息子を思えばすごい進歩です

 

自力でどんどん勉強していく子ではないので飛び抜けることはないのだけれど、なんとか友達についていこうと課題をこなしていたら真ん中まで来たのです。

 

息子の頑張りもありますが、ほとんど環境のおかげと思ってます。自分より少し上の友達の存在が息子を引き上げてくれたのです。

 

こんな息子ですから、やらない友達に囲まれたらきっとやらなかったでしょう。最低限の課題だけはこなしてきっとその学校の平均ラインにいたの思うのです。

 

もっと頭のいい学校だったら、、、

それは多分入学の時点でふるい落とされるし、万が一入ったとしてもかけ離れすぎて、落ち込みやる気をなくしてしまうような気がします。

 

少し上がいいのです、たぶん。

背中が見えて、頑張れば追いつける。

でもまた少し離されるので、また頑張る。

そのレベルがちょうどいいんです。

 

私のアフィリエイトも同じです。

真面目にコツコツと頑張る人たちの中に身を置くことで、

私の常識はその人たちと同じところにあります。

 

コツコツやるのは当たり前のこと、

努力をするのは当たり前のこと、

すぐに結果が出なくても諦めないのは当たり前のこと、

 

すべて先生に教えてもらったことで教科書にも書いてあるけれど、でもそれを知って一人頑張るのと、周りのみんながやっていて自分もやるのとでは全然違う。後者のほうがずっとやりやすい、頑張れます。

 

仲間のおかげで私も継続できています。言葉で語り合ったりしないけれど、それぞれが孤独と戦いながら自分に向き合っていることを知っているので、どこかで繋がっている気がするのです。

 


◆正しい嫉妬は力にかわる

そして、自分より少し先をいく仲間がわたしを引き上げてくれてます。先をいく仲間が羨ましくて悔しくて、わたしだって!とがんばってます。

 

アフィリエイトを学ぶ中で、他人と比べるなといつも言われます。人と比べて羨しがろうと落ちこもうと何もメリットはないからです。羨んでいじける暇があるなら努力して前に進めということです。

 

本当にその通りです。時間の無駄です。

でも実際には感情ってそう簡単には処理できないですよね。あるものはあるのです。

羨しさ、落ち込み、ひがみ、、、そんなネガティブな気持ちで心がいっぱいになることあります。

 

比べるな、嫉妬するなというのは多分無理なのです。

自分がうまくいかない時うまく行く人を見ると羨ましいのは仕方がないことです。人間だから当たり前のことなのだと思っています。

 

だから比べてはいけない、羨んではいけないのではなくて、その気持ちを自分が成長する方向へ利用できたらいいなぁと思います。

 

ネガティブなエネルギーってすごいと思いませんか?

嫌な思い出や苦しい気持ちってなかなか忘れられません。嬉しいことは忘れても、あの人にあんなことされてめっちゃ傷ついた!ってことはずっと覚えてます。

 

だからそのネガティブパワーを妬みや落ち込みではなくて、何クソー!わたしも頑張る!負けない!に持っていけたら強いですよね。

 

机を並べる友人と成績を競って、結果両方合格して、抱き合って喜ぶみたいに、わたしは仲間を良いライバルとして、励みにして、頑張って行きたいと思っています。

 

そしてわたしが少し先を歩く時、後に続く人が憧れて、よい形で嫉妬をしてもらえるような存在になりたいと思っています。

 


◆環境は選べる

勉強ができるようになりたければ同じか少し上の頑張っている人の多い高校へ行く。

アフィリエイトもできるようになりたければできる人のところに行く。頑張っている仲間の多いところへ行く。

いつもいつも近くに感じて行動している人たちの空気にどっぷりと浸かる。

 

そうすると今はまだ結果がでなくても、見えないところで着実に成長していると思うのです。

 

あなたは自分にとって素敵な環境に身を置いていますか?自分が成長できる場にいますか?

 

有名な先生につけばいいわけではありません。すぐにお金を稼がせてくれそうなところがいい場所とも限りません。

 

あなたがこの人から学びたい、この人なら信じられると思える人や、そこに学ぶ人たち、そんな場所が自分をよい形で成長させてくれる場所だと思います。

 

自分にとってよい環境は自分で選んでください。作り出してください。

 

そんな素晴らしい場を与えられたことに感謝して、学び時に発奮し、地道なこつこつを積み重ねています。

このこつこつがわたしの力になっていると信じています。

 

人は環境に左右されます。

よい環境に身を置けば力がついて、想像していた以上の結果がついてきます。

ぜひよい環境を選んで、そこで努力を重ねてください。

その努力は絶対裏切りませんから。

 

ではまたー

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る