自己紹介

はじめまして

このブログの運営人「やよひ」と申します。
50代主婦です。

 

昔から引っ込み思案で人見知り
このまま地味で平凡に
人生を終えるのだろうと思っていたのですが

 

アラフィフでいきなりの引っ越し
夫の転職、自分の職探し、、、
大きく人生が変わりました。

 

そしてまだまだ若いと思っていたのに
あらあら老後は目前
お金の問題や体の不安等がリアルに
のしかかってまいりました。

 

人生後半戦もど真ん中!
皆さんは何を思い
何を悩みお暮しでしょうか?

 

50代主婦の思いを細々とつづりながら
同じような状況の皆さんを励ましたり
皆さんに励まされたり

思いを共有できたらうれしいなあと
そんな思いでこのブログを書いています。

 

それではもう少し詳しく
自己紹介をさせていただきますので
お付き合いいただけると嬉しいです。

原発事故と引っ越し

現在、夫と子供2人
のどかな田舎町に暮らしています。
この町での生活も7年目となりました。

 

わが家は関東から引っ越してきました。
いわゆる原発避難です。

以前の住まいは関東の
ホットスポットと呼ばれる地域にあって
子育てに不安を感じて引っ越しました。
家と夫を残し母子3人の引っ越しでした。

 

それまで私は外で仕事をしていませんでした
特別多くはないですが夫のお給料で
私が働かなくても
小学生の子供2人を育てられるくらいの額が
毎月銀行に振り込まれていました。

 

そのうち働こうとは思いながら、
下の子が入学したてだったこともあって
専業主婦をしてました。

 

それが急遽夫と離れての二重生活
当然生活費もダブルでかかります。
呑気に家で子供と遊んでいる場合では無くなりました。

最低賃金のパート

仕事はすぐに見つかりました。
農家のパートです。
農家はどこも人手不足で、
40歳50歳は若い人と呼ばれて重宝されます。

 

こうして私は、
以前は思いもよらなかった
農家のおばちゃんになりました!

 

はじめは初めての土地で
生活を築くためにがむしゃらです。
田舎での農村生活も
カルチャーショックで楽しかったのです。

 

10年ぶりの仕事でしたので、
もうお金をもらえるというだけで
単純に嬉しかった。
低賃金も気にならなかったのです。

 

でも、時がたつほどに不満不安がたまって、
心穏やかでなくなってきました。

これは給料が安いからとか、
仕事がきついからとか、
雇い主に対してではなくて、
まさに自分に対しての苛立ちが
どんどん膨らんできたのです。

 

1つの原因は同じ避難をした友人の存在です。
私とは違う県ですが子供を連れて
母子避難したママ友です。

 

それまでは同じような暮らしぶりで
一緒に遊び、何の違いも感じなかったのに、
彼女は1級免許を持つ建築士でした。

 

私と同じように引っ越しを機に仕事を探すや
すぐに建築事務所に職を見つけ、
私とは比べ物にならない高給を得るようになりました。

 

彼女のSNSでのリア充ぶりを
目にするにつけ、もうガ〜ン!!

 

私は働けど働けどカツカツの生活で
常にお金の不安があるし、
知り合いは少ないし、
遊ぶ相手も暇もないし、、、

 

羨んだとてしかたない、
恥ずかしいとわかってはいるものの、
彼女を羨む気持ちでいっぱいだったのです。

人生を考える

ここで初めて
真面目にこれからの人生を考えました。

 

おいおい、今頃ですかー???
な話なんですけど、そうなんです。

 

原発避難とか二重生活とか
いろいろ言ってますけど、
本当はそれ関係ないです。

 

そんなことがなくても
考えなくてはいけなかったことを、
ずっと後回しにしていただけなのです。

 

引っ越しのおかげで
その逃げたい部分と向き合わざるを
得なくなりました。

 

このまま最低賃金のパートのまま
雇われてギリギリの生活で
年取るほどに仕事は選べなくなって
夫も定年して
家も貯金もなくて

、、、

 

ぅわ〜、めちゃめちゃお先真っ暗です!
そして何よりも悲しかったのは
私の人生こんなものか?
ということでした。

 

お金の心配もあったけれど、
それ以上に自分がこれといって
胸を張れるものが何もなくて、
結果としてお金のいただける
仕事につけないということが
とてもとても悲しくて情けなかったのです。

 

友人はいざとなったら身を助けてくれる
技術や免許をちゃんと身につけていました。
それは彼女が若かりし頃
頑張ったことなのです。

 

私は私で頑張らなかったわけではないけれど
現実には今使えるスキルが何もありません。
この事実はどうあがいても変わりません。

 

羨んでも何一つ現実は変わらなくて、
ますますいじけてみじめになるだけです。

 

ならば私にできることは何だろう?

それは今頑張ることしかないのです。

 

彼女は若い頃頑張って身につけたことで
今楽ができている。
私は何もないので今楽ができない。

 

自分がやってきたことの結果です。
ならば今から頑張るしかないのです。
自分で尻拭いするしかありません

 

もちろん日々の生活費は必要なのでパートはやめられません。

プラス未来のための勉強
自分のスキルを上げて仕事につながる勉強
自信になる勉強
生きがいにつながる勉強です。

 

その時漠然と、
でも確実に何かを掴みたいと思ったのです。
そしてそんなすべてが重なった年齢がアラフィフなのでした。

手に職探し

そう思って周りを見回してみると、
友人はアラフォーで保育士免許をとったり
看護師になったり、
習っていたクッキングスクールで
念願の先生になったり、、、
それぞれに努力をして手に職をつけていました。

 

私が呑気なだけで、
みんな大人になってからも先を考えて
学んでいたのです。

 

でも私はアラフフィフだし、、、
年齢なんて関係ない!って言えれば
かっこいいのですが、
いえいえやっぱり現実的に無理なものが多いのです。

 

50歳から看護師になって、
失敗をせずに集中して仕事ができるのか、
それ以前に雇ってもらえるのか、
後何年働けるのか、、、
そう考えるとどう考えても現実的でないです。

 

他の仕事にしても体を使うもの、
雇われるものは大体同じです。
年齢と体力の壁が立ちはだかります。

 
何か私にできることはないか
一生懸命探しました。
努力は惜しまないつもりです。

でもやるからには
努力のしがいのあることがしたい
報われるものがしたい。

 

それはなんだろうか。

ネットビジネスのあの手この手

そこからネットで検索しまくって、
どこでどうなったのか、
一本の広告に目が止まりました。

 

「日記を書くだけでお金になる」
えっ?どういうこと? 胡散臭さ!

 

とは思いましたが
藁にもすがるような気持ちで
情報を集めていましたので
とにかくのぞいてみました。

 

今にして思えば本当にコピーがうまい!
よく練られたステップメールで
動画もたくさん付いていて、
次へ次へと読みたくなるものでした。

 

うん十万払うと塾に入れて
手取り足取りネットビジネスを
教えてくれるそうです。
プレゼントも山のようにあります。

 

成功した人の賞賛の声も
たくさん紹介されています。
これを読む限り100%はなくても
95%くらいは成功しそうに見えます。

 

どうしよう、入ろうか、どうしよう、、、
素人の私は迷います。

 

締め切りがどんどん近づいてきます。
どうしよう、どうしよう、、、

 

何度もそのページを開きました。隅から隅まで読み直しました。
 

そして、、、
なんとか踏みとどまりました。

 

目を塞いで締め切りの時間をやり過ごしました。
 

高すぎる、ちょっと話がうますぎる。
私、偉いぞ!!!

 

そうしたらその2日後くらいに、
またメールが来ました。
「どうしても入れて欲しい間に合わなかったという方がいらっしゃるので、特別にあと〇〇人受け入れます」

 

 

、、、って、なんなん?!
(私もともと関西なので怒ると関西弁がバンバン出ます!)
あの悩んだ私は何やったん!

さすがにネットビジネス素人のおばさんでもわかります。
一回締め切って、あーあと後悔させて、
そしてもう一回手を差し伸べてる。

 

人の気持ちを弄ぶなー!

 

これで入る人が増えるんでしょうか?!
私の場合は逆にこれでスッキリ気持ちが切れました。

 

こんなやり方をする人はキライです。
人の気持ちを弄ぶ人は絶対親身になんてなってくれません。

 

たくさん入会者を集めて適当にあしらわれるに決まってます!
(かなり偏見がはいってます。真実はわかりません。)

 

でもこの勧誘のおかげで、
私はネットビジネスに興味を持つようになりました。

アフィリエイトという言葉を
知ったのもこの時です。
これが2015年の夏でした。

素晴らしい先生との出会い

それからアフィリエイト、
ネットビジネスについて何度も検索をし、
何人かの関連ブログをフォローし、
メルマガも取りました。

 
そんな中でなぜかすごく惹かれる方がいて、
気づけばいつもその方のブログに戻っていました。

 

一見おっとりお茶目なOLさんですが、
優しさと厳しさの両方を秘めた
不思議な魅力がありました。

そして何より私が惹かれたのは、
彼女の言っていることに
ウソがなさそうだったのです。

 

それが今わたしが学ぶ未来型につないでくださったえみさんです。

そして未来型を作られた竹川さんに出会い、
先生の弟子であり私の先輩であり先生でもあるはるさんに出会い

その他未来型のたくさんの先輩、仲間に
直接、間接両方で支えられてここまで来ました。

 

そこからは順調とは言えないですけれど、
でこぼこしながらもあきらめず
でも緩やかに上昇しながら今につながっています。 

仕事が自信に

そうやって出会った教材や先生方に助けられ
ネットビジネスを学び始めて
本当に人生が変わりました。
 

今までの常識が常識で無くなり、
夢が夢でなくなりました。
 

人生一度きりだから楽しもうよ
やりたいことをやろうよ
なんて言葉はかっこよすぎて他人事だったのに
自分のこととして聞けるようになりました。
 

ビジネスのやり方だけれど
本当そこではないのです。

ビジネスでお金を
いただくようになるということは
結局人間力を上げることなんですね。

 

ビジネスを学ぶ中で
お客さんの気持ちを考え
本当に役に立ちたいと思い
努力を重ねることは
この歳になっても人間的に成長させてくれます。

 

そして成長すれば不思議と
お金も入ってくるようになるのです。
ビジネスはお金儲けであり
自信の成長の場でもあります。

 

こんな素敵で大事なことを
私はいままで知らなかったのは残念ですが
この歳になって知れたのは
本当にありがたいと思います。

 
今では仕事のためお金のためというより、
自分の存在意義をありがたく
噛みしめる場所がネットビジネスの場なのです。

未来へ

母子避難のわが家でしたが
その後夫は2回の転職をし、
今は九州で家族そろって暮らしています。

 
九州の田舎での仕事に変わり
夫の収入は3割近く減りました。
二重生活をしていた時と金銭的にはあまり変わりません。

 
それでも
子どもと一緒に家族揃って暮らせる時間を
大事にするために、
夫は転職を選びました。

 

家族そろって暮らせることに
まずは感謝したいと思います。
その上で
うちの子供は今高校3年生と中学3年生
これからますます教育費がかかります。

 

消費税も上がります。
夫の定年もやって来ます。
転職なので退職金はあてにできません。
これからの年金もあてにできません。

 
わが家に限りませんが、
これから先の生活を思うと不安要素ばかりです。

 

もし、私が農家のパートのままだったら、、
収入を増やそうにもこれ以上体が持ちません
収入イコール肉体労働は年寄りには無理です。

 

でもネットビジネスなら年齢に関係なく
いくつになってもできます。
定年はありません。
場所もいりません。
どこででもできます。

 

ネットビジネスというと
若い人を思い浮かべますが、
私のように定年、老齢期を
これから迎える世代にこそ
ぴったりのお仕事だと感じています。

 

もちろんたやすくはありませんが
挑戦しがいのあるお仕事です。

 

ですから同じ年代の
私のようなお悩みのある方に
ぜひこのブログでネットビジネスについて
お伝えしたいと思っています。

最後に

2年前、何もないと惨めで落ち込んでいた
自分は今はいません。

今は今でいろんな悩みや課題を抱えてますが、
自分らしく生きるために、
やりたいことで収入を得るために、
どう進めばいいのか、何をすればいいのか、
そんなことで頭がいっぱいです。

 

自分を信じて、コツコツ歩いて行こうと思います。
 

このブログではネットビジネスを中心に
50代主婦が生きていく中での
学びや気づき、悩みなどを
書いていこうと思います。

 

読んでくださる皆さんの少しでもお役にたてましたら嬉しいです。

ここまで読んでくださりありがとうございました。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

ページ上部へ戻る